12113441 910191909057497 4752174799719791883 O

10/24土 これだけ出来ればWebサイトがよくなる!勉強交流会

12113441_910191909057497_4752174799719791883_o

 

========================================

web制作者のみなさーーーん

webデザイナーのみなさーん

web担当者のみなさーーーん

ビジネスブログをかいてるみなさーん

「がんばって作っているけれど、クライアントからサイトのダメ出しをもらう」
「頑張ってサイトを作ったけどアクセスが伸びない、お問い合わせが増えない。」
「競合サイト・ブログになかなか勝てない。。。」

というお悩みをお持ちではいらっしゃいませんか?

webサイトのよくするノウハウはいっぱいあります。

書店にいけば山のような本。ネットをみればいっぱいの情報
一体どれが正しいの・・・?

本質はいつもシンプル。

「自分の心に正直かどうか、愛をwebというツールを通して表現できるかどうか。」

会社にいたときみんなが惰性な気持ちで作ってたサービス・サイトはいつもうまくいきませんでした。
本当はこうしたいんだけど、、、と思っても自分に不安に負けたりして結局最後はなんとなくや自己都合で仕上げてしまう。

でも自分の心に素直になったときのサイト作りや表現(ブログも含みます)はほんとに楽しい^-^結果も出ます。

そんなこんな7年やってきた話をしたり
みんなと話し合いながらわいわい勉強会が出来たらなと思います。

主催者が「このようにしている」という例をシェアをしつつ
みんなでよりよいサイト・webを作るには?
というテーマでディスカッションを行います。

月間PV40万のメディアを運営している私からもコツやポイントをお伝えします。

 

※前回の会にいらっしゃった方でブログがアメトピに出るなど一気に結果が出た方もいらっしゃいます^-^

今回のテーマは・・・(講義編)

◎そもそもwebサイトを作る前に絶対抑えておきたいポイント
商品・サービスはいいもの?作る時の想いや気持ち

◎多くの人が無意識にやっている制作フローの過ち
成功する人は 現場を見る→設計する→実行する | 失敗する人は設計する→実行する→結果を見る

◎やり方にハマるとドツボにハマる
ソーシャルメディアや今はやりの○○などやり方ばかりにフォーカスしていませんか?

◎本音でコンテンツを作っているかどうか
頭(思考)でコンテンツを作ったり、情熱がない文章やコンテンツの空気感の空しさは人にそのまま伝わる

◎利用者の声は利用者にしか分からない。
インタビュー

◎イケてるデザインとイケてないデザインの本質的な違い

ワーク(実際にチャレンジ!)

■イケてるサイトとイケてないを見分けるワーク
イケてるサイトとイケてないサイトの本質的な違いってなんだ?
みんなで分別していって並べていきながら見比べよう!

■自分のサイトをみんなでディスカッションしながら改善しよう!
自分のサイトがここがよくない、どうしてもアクセスが伸びない。。。
そういったポイントをみんなでディスカッションしていきながら話しましょう^-^

その他

その他テーマ以外のことでもwebのことや
web業界の歩み方・働き方でもお答え致します^-^

日程 / 場所 / 金額

【日時】
10/24土 10:00-13:00

【参加費】
3,500円

【持ち物】
筆記用具など
あれば(ノートパソコン)

【会場】
丸ノ内線中野富士見町駅シェアハウス
(参加者の方に直接メッセージ致します)

【その他】

◆自由に交流
会社員の方、フリーランスの方がいらっしゃるので、
独立したいけれど疑問・不安なことを色々相談してもよいかもしれません。
手いっぱいでパートナーさんを探している!という方は、
素適な方が見つかるチャンスかも?!

あなたに必要な、
Webクリエイティブに関するヒントが見つかることを願っています♪

=======================
主催紹介
=======================

小林謙太郎 / フリーランスデザイナー

webデザインスクールデジハリを卒業後、
株式会社キノトロープでwebデザインや企画に携わる。
その後サイバーエージェントにてサービスのデザインなどに携わる。
現在はフリーランスとして独立。

web制作のみならず自身でwebメディアを立ち上げたり、
またwebの範囲を超えたコンサルティングなども行う。

■Kobaken Official Web(事業サイト)

■IN YOU(メディア)
マクロビオティックという”ライフスタイル”をより多くに人に知ってもらい、
伝えることを目的としてスタートしたウェブマガジンです。
マクロビオティックについてできるだけ本質(教え)に忠実に、丁寧に、わかりやすくお伝えしたいと考えています。

運営半年後月間PV80万突破

IN YOU | Journal for the Macrobiotique
がんにならないために必要なこと。 それは免疫力をいかに正常化させることができるかどうかです。 糖質制限、断食、デトックス、ゲルソン、甲田療法、玄米菜食・・・・ がん予防にも様々な方法があり、皆さんの中でも混乱されている方も多いかもしれません。 いろんなものがありますが、がん治療としては良いものであってもがん予防を続けていくとなると一般人が実践するには難しいことも少なくありません。 がんにならないためには、まずは「免疫力を高めること」これが大前提です。 今回は、免疫力向上に注目して、がん予防の視点で、私たちが日々生きていく中で無理なくできるものをご紹介いたします。 体温を上げる 体温が1度さがると免疫力が37パーセント落ちる。 「冷えは万病のもと」とよく言われますが、免疫力と体温には深い関係をあります。 一般的に、体温が1度下がると免疫力が約37%、基礎代謝が12%、体内酵素の働きが50%低下すると言われています。 体温が低いと免疫の主役である白血球の機能が低下してしまい、体の血流も低下するため白血球が体の隅々まで運ばれなくなってしまいます。 体温を37℃に保つことは、体の機能を最大限に引き出すことにつながります。 冷え性で手足、お腹の冷えを毎年感じている女性は、生理不順になりやすく、生理痛が強く出ることが多く、子宮に関連した病気になりやすくなります。 よもぎ蒸し、あずきカイロで体の芯まで温めたり、氷の入った冷たい飲み物を控えるようにしたり、部屋が冷えるとき用にカーディガンなどを常に持ち歩いて服装をコントロールしましょう。 今は大丈夫でも、冷えからくるこれから先の健康には注意が必要です。 参考記事 生理痛が当たり前だと思ってたら大間違い!実はもっと怖い病気が隠れていることも・・ 筋肉を動かす 自分で発熱する力をつくる そんな、体温が低い状態を改善する方法に重ね着をしたりすることも効果的ですが、自分で発熱をする力をつけるようにしましょう。 そのためには、筋肉が必要です。 近年では、女性はするスリム系に憧れるあまり間違ったダイエットのやり方で筋肉を減らしリバウンドで脂肪をつける人が20代・30代女性に多いです。 妊娠にも少なからず影響してきます。 逆に、雑誌のモデルをやられている方ほど、しっかりと運動をして筋肉をつけています。

=======================
申し込み方法
=======================

Facebookメッセージかkobayashi@tsukurumon-web.comまで連絡くださいませ^-^